扇面加工の種類

この記事は約1分で読めます。

地紙の上にできる加工をご紹介します。

日の丸や文字などを箔・顔料でお入れします。両面の場合は型を使用します。

家紋やロゴ、ワンポイントの柄、全面柄の型も制作することが出来ます。

天金・地金・天地金と言います。扇子の上部や下部にラインをいれる加工です。型があります。

一分金(一分銀)の場合は職人の手作業になります。天金より値がはります。

このような柄を両妻と言います。金や銀でお入れします。型があります。

型を使用せずに手書きで柄を入れることもできます。安いわけでもないのでどうしても手書きが良い方はご相談下さい。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました