舞扇子の部位名称

この記事は約1分で読めます。
home » 舞扇子特注 » 舞扇子とは » 舞扇子の部位名称

舞扇子のパーツの呼び名をご紹介します。

親骨(おやぼね)

親骨

赤い部分にご注目下さい。

扇骨のうち両端にある2本の骨のことを親骨といいます。

小骨・中骨(こぼね・なかぼね)

小骨

親骨以外の扇骨を小骨や中骨といいます。

親骨と小骨を総合して扇骨(せんこつ)といいます。

扇面(せんめん)

扇面

紙の部分を扇面といいます。また紙自体を指して扇面紙(せんめんし)ともいいます。

天地(てんち)

文字位置の指定に
文字位置の指定用に間・折間などをご説明します。

扇面において上のほうを天(てん)、下の方を地(地)といいます。

図でいうと赤い部分・上段が天、白い部分下三段が地です。

明確に範囲が決まっているというより上下を天地という感じです。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました